本文へ移動

腫瘍科診療

獣医療の発達により犬猫の寿命が長くなるとともに、腫瘍を患う犬猫に出会う機会も増えています。目に見える体表の腫瘍や無症状で進行する内臓の腫瘍など、できる腫瘍も様々で、必要な検査や治療も多岐にわたります。同じ腫瘍でも方針は一つではなく、年齢やQOL(Quality of life:生活の質)を考慮し、ご家族のご意向を尊重した治療が出来るように心がけています。各大学病院での経験なども踏まえ、より良い治療が提供できるよう努めております。

腫瘍の治療

手術

腫瘍に対して最も有効な治療法です。
治療的手術では初回切除が根治に重要となります。
1.腫瘍の種類、グレード(転移など)
2.局所的・全身的な腫瘍による影響
3.外貌や機能を温存したまま可能か
4.代替的な治療法の有無
腫瘍や症例により性質が大きく異なるため、サージカルプランニング(術前計画)が必要となります。

放射線治療

頭頚部(口、鼻、脳など)の手術不適応腫瘍や体表悪性腫瘍などに用いる治療です。他腫瘍に対しても様々な方法が実践されています。
当院には放射線照射装置はなく、近隣施設(大学病院)へのご紹介となります。
放射線治療の適正や代替治療の有無などのご相談に対応します。

抗がん剤治療

抗がん剤治療は様々な目的があります。
導入治療リンパ腫のように化学療法で寛解を目指す治療
 維持治療 寛解状態を維持する治療
術後治療手術や放射線治療後の転移・進行抑制を目的とした治療
術前治療手術前に腫瘍を小さくすることを目的とした治療
レスキュー治療再燃した腫瘍に対する治療
緩和治療手術不適応の腫瘍の臨床症状を抑えることを目的とした治療
抗がん剤を投与する目的や投与することによる目標、治療のゴールをしっかりと見据えて治療を行う必要があります。

緩和ケア

「がん」そのものへの治療と併せて、がんに伴う症状のケアはとても重要です。
1.疼痛管理
2.栄養管理
3.腫瘍に伴うその他の症状の緩和
がんを患う多くの犬猫は少なからず疼痛や苦痛を感じます。がん治療と並行して、可能な限りそれらを取り除き、犬猫およびご家族のQOL(Quality of Life/生活の質)を維持し、穏やかな日々を過ごすことが重要です。がん後期には自力採食や投薬などが困難でケアが十分に行えず、見守ることしか出来ない場面にも遭遇します。自宅でのケアができるように持続パッチ型の鎮痛薬や経鼻・食道廔カテーテルなどを推奨しています。



アイペットペット保険対応動物病院
-------------------------------------
吉永動物病院

〒526-0033
滋賀県長浜市平方町1175-4
TEL.0749-65-0333
FAX.0749-65-0222
-------------------------------------
診察時間
午前 9:00〜12:00
午後 4:00〜7:00
受付時間
午前 9:00~11:45
午後 4:00~  6:45
日曜午後・月曜・祝日 予約診療
-------------------------------------
獣医師登録番号 52974

第一種動物取扱業 60038‐02号
-------------------------------------

●特定商取引法の表記
●個人情報保護方針

 
2
6
1
9
8
4
TOPへ戻る